視界に変なものがみえる

MENU

いつも蚊が飛んでいるように見える、、、
糸くずが待っている、、、

などというように、視野の中を小さな黒い点が移動して見えることがあります。


これを飛蚊症と言って、多くは硝子体の老化に伴って起こるもので、心配入りません。
中高年には良くある見え方といえるでしょう。


しかし、突然黒いすすのようなものが現れてちらついているようにみえたり、黒い点がいつも同じ場所に見える、といった場合には注意が必要です。


網膜はく離や眼底出血を起こしているかの性があるので、すぐに眼科を受診するようにしましょう。


光がはしるのはなぜ?

やはり中高年に多い見え方に、目を閉じたり、動かしたりしたときに目の橋に光が走る、というものがあります。これは硝子体を包んでいる硝子体膜の一部が網膜と癒着していることによって起こりますが、この場合は網膜はく離の前兆であることが多いものです。症状に気づいたら必ず検査を受けるようにしてください。


目のかすみにおすすめのサプリならこれ♪