目の病気が隠れている原因

MENU

目の病気が隠れている場合もあるので要注意

細かい作業を何時間も続けたり、映画を何本も見るなどして目が疲れた場合は目を休ませれば回復します。
また、老眼や屈折以上、ドライアイなどによって目が疲れる場合もそれぞれの対策を採ることで、疲れはだいぶ少なくなるはずです。


しかし、何を試しても疲れ目が解消しないという場合には、目の病気が隠れていることもあります。
これが、疲れ目の最も恐い点です。


大丈夫、、、年だから、、、と放っておかない

しつこい疲れ目をたかが疲れ目、、、年だから、、、と放置していると、目の病気が進行してしまうこともあるので注意が必要です。


では、疲れ目と間違えやすい病気にはどのようなものがあるでしょうか。

例えば、中高年の病気として知られている白内障や緑内障もその一つです。


白内障の場合、瞳がにごるのはだいぶ進行してからのことで、初期には目のかすみなどが現れます。


目のかすみは疲れ目や老眼でも起こりますから、間違えないよう注意が必要です。
そのほか、網膜はく離や加齢性黄班変性などさまざまな病気でも目がかすみます。


網膜はく離の場合見えない部分があるなど、明らかにただの疲れ目とは違う症状が出ることもありますが、高齢だし、、、仕方ない、、、位に考えてしまわずに、眼科医にいくことを怠らないようにしましょう。


目のかすみにおすすめのサプリならこれ♪